2008年06月17日

『ひよこでしゅ。』単行本紹介

ぴかぴか(新しい)『ひよこでしゅ。』単行本の紹介です。ぴかぴか(新しい)

 『ひよこでしゅ。』は、生まれたばかりの「ひよこたん」が森の中をテクテク散歩するお話です。おしまい。

・・・って、それだけでは、誰も読んでくれませんね。^^;
そこへ鳥好き「ネコむすめ」が現れて、この「ひよこたん」を捕まえようと 後を追い回します。
そこへまた、おっかない肉食猛獣が現れて、大〜ピンチ☆
・・・・というストーリーとなってます。犬(笑)

 ・・・と、まぁ、いつもの「まつはらギャグ」とゆ〜ヤツです。^^;
あ。後、これも、マンガではなくて、「絵本漫画」です。
まぁ、「アニメコミック」的な見方をして頂ければ・・・と思いますけども、
とにかく、入魂作です。ぜひ読んでみて下さいませ。

-----------------------------
黒ハート【現在発売中の 単行本】

右dc-h1c.png『ひよこでしゅ。1/カップリング(1)(2)』

右dc-f2d.png『ひよこでしゅ。2/カップリング(3)(4)』

右dc-h3c.png『ひよこでしゅ。3/カップリング(5)(6)』

(※画像クリックすると、出展販売しているサイトの「販売窓口ページ」が表示されます。
時間帯等によっては、表示に時間が掛かる事があります。)

(1話一冊のつもりで描いたものですが、サービスパック版として発刊しております。小鳥

購入方法等、詳細はコチラをご参照下さい右qa.png
----------------------------

黒ハート【特設ページ】

右tomcomic003c.png

 ・・・本の感想を頂けた時等、こちらに転載してます。犬(笑)----------------------------

 できれば、販売ページの「レビュー」に投稿いただけると、ありがたいです。
販売促進につながりますので〜。
(↑作者事情犬(笑)あせあせ(飛び散る汗)
----------------------------


【☆裏話・・・・】

 僕(作者)は、子供の頃にひよこを数羽飼った事があります。
実家につがいの鶏がいて、ドバッと卵がかえった事もありました。
でも、その子らは、ある日の朝、無残に引き裂かれた小屋と共に消えてしまっていました。
野生のイタチの仕業(しわざ)でした。

その時は、物凄くショックでした。
あの子等がそんな怖い目に会っていた時に、自分ら家族は何も気付かずに眠っていたのかと思うと、たまらない気持ちになりました。

 そんな頃、宿題のノートの端に、何気に一つのマンガを描きました。
死んだ一羽のヒヨコが、一枚のパンツに乗り移る形で生まれ変わって、森の中を平和そうにテクテク歩くという話でした。
『パンツの冒険』・・・・。
当時小学2年生だった僕が、生まれて初めて描いたマンガのタイトルです。

 それが、今、「ひよこたん」となって、ここにいる、と・・・。

あの時は自由に外の世界を見て歩く事は出来なかったけど、今は楽しそうに、自由に遊び回れている、と・・・。

 それが、『ひよこでしゅ。』という漫画(絵本漫画)です。


 ・・・と、もう一つ。
「ネコむすめ」には、モデルが何人かいます。
その中の一人は、僕の従姉の子供です。
その子は、足が少し不自由で、歩行補助器具で足を固定しないと立って歩く事ができません。
でも、とても明るくて元気で、飛びはねて転んでも、泣かずに起き上がって、また明るく飛びはねてる子です。

 ・・・その子を励(はげ)ますため?

いえ。とんでもないです。
励まされてるのは、僕の方なんです。

それが、「ネコむすめ」というキャラクターなんですよね。

ニックネーム とも●み at 03:18| Comment(0) | ★単行本窓口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント