2008年03月31日

『ひよこでしゅ。』紹介

1-2.jpg
 描き下ろしの絵本漫画を出展販売して頂いてる「でじたる書房」http://www.digbook.jp/TOPページで、『ひよこでしゅ。』第(1)巻が紹介されてます。ぴかぴか(新しい)

「店長の厳選7本」という項目です。
二週間毎位で更新されるそうなので、そのワクに掲載されてるのは今の内ですが。^^;
(※『ひよこでしゅ。』1〜3巻は、その後も引き続き販売されます。)

「でじたる書房」ニュースメールでも紹介されてました。
ありがたい事です。
皆々様に感謝いたしますです。

-------------

 で、その他の、最近の執筆系近況ですが。

ホームページの方の「“デジタルこみっく”Q&A」ページhttp://www.h2.dion.ne.jp/~tomofumi/pdf-help0.htmを手直ししたり等しました。
とりあえず、見て下さった方が、より分かり易くなるように、と。

それと、
『フェレフェレ☆ま〜ぶる』第3巻の、本格的な彩色作業に入ってます。
順調に行けば、4月中には上がりますかね。

 ンまぁ、そんな感じで、何とかかんとか、やっておりますです。はい。

ニックネーム とも●み at 21:39| Comment(0) | 絵本漫画作品雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

「デジタルこみっく」一挙5冊発売開始☆

 まつはらともふみ「デジタルこみっく」が、本日付で一挙5冊発売開始されましたぴかぴか(新しい)

≪販売タイトル≫

右pome2.gif◆『ポメ。』(1)(2)セット
http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/9538

右pome3a4.gif◆『ポメ。』(3)(4)セット http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/9539

右hiyob1s.jpg◆『ひよこでしゅ。』1/カップリング(1)(2)
http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/9540

右hiyob2s.jpg◆『ひよこでしゅ。』2/カップリング(3)(4)
http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/9541

右hiyob3s.jpg◆『ひよこでしゅ。』3/カップリング(5)(6)
http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/9542

===================================

 『ポメ。』は、作者の子供時代の愛犬ポメラニアン「ポメ」を主人公にした、ギャグちっく絵本漫画です。ぴかぴか(新しい)
おてんば犬と御主人たんとの掛け合い漫才みたいな感じで、四コマ漫画風に話が展開して行きます。

すでに発売中の1〜4巻を2冊くぐりのセットにして、(更に全編加筆して、)更に大幅値下げしてますので、できれば多くの方に購読していただければ幸いでございます。犬(笑)

----------------------------

 『ひよこでしゅ。』は、天然お子ちゃま「ひよこたん」が肉食猛獣さん達に追っかけ回されて大ピンチ陥るという、ギャグちっく絵本漫画です。ぴかぴか(新しい)

2003年から何度も改変を重ねて来た作品で、作者的には、ある種、渾身の一本であります。
その執筆の大変さからも、本来は6冊に分けて販売するはずだったのですが、これもできるだけ多くの方に読んでいただきたいと思ったので、2巻分ずつセットの値引き版として出展してます。小鳥


 とにかく、心を込めて一生懸命描いてます。
どうか、皆々様、よろしくお願いいたします。ウサギ

ぜひ買ってね〜。顔(笑)
ニックネーム とも●み at 17:24| Comment(0) | 絵本漫画作品雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

やっぱし、執筆記。。

 フェレットの絵本漫画『フェレフェレ☆ま〜ぶる』3巻の彩色作業に、ぼちぼち入っております。
(↑初見の人の為に説明を加えると、何気ない文も長くなって仕方ありませんが^^;)
ai03.jpg
何か、ま〜ぶる君達を描いてると、この子達は本当に可愛いんだナ〜などと、しみじみと思ったりもするんですよねぇ。
そこだけは、自信を持って良いんだろ〜なぁ、と。いやいや、すでに持ってるよなぁ、やっぱし・・・などと、自分の中でいろいろあったりします。
 …足りないのは、描いてる僕の技術くらいのものでしょう。(;^<^)


 それはそうと、ポメラニアン絵本漫画の『ポメ。』(1)(2)セット/(3)(4)セットの方ですが、数日後には販売サイトに出展手続きが完了するそうです。
今回は、出展申請してから一ヶ月位待たされましたが、やっと、まぁ、何とか、という所です。^^;
pom7.jpg

 普段、毎日のようにネットで動物の写真とか色々見てたりするんですが、それらに見入ってる自分に気づいた時に、自分は本当に動物好きなんだナ〜とか思ったりして。
ナゼ好きなのか? だって、可愛いじゃん☆・・・・などと自問自答したりして。

「可愛い」という感覚にコダワリがあると、最近まで自覚してなかったんですが。
分かってしまえば、「あぁ、そうなんだ。('_') ならば、その感性を自由に開放してやろうかナ〜」・・・・などと思ったりして。

 …ちなみに、「萌え〜っ」っていうリアクションの方は、少々苦手だったりして。^^;。。。
ニックネーム とも●み at 17:27| Comment(0) | なんとなく雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

ペンタブ芯−2

 ペンタブの代用替芯の試用メモ、その2…とゆ〜コトで。

 細軸の綿棒も具合良いです。
一本辺り、芯二本作成可能。太さは、純正芯1.7mmより少し細い位。
綿部分の描き味が、個人的には好みで。磨耗具合も少なくて、チビ方も随分少なく、もちが良いのもポイント高いかも。

難点は、ペン装着面にズレがあると、正常に描画できなくなる所で。^^;
プラ丸棒削って作った芯では、一度抜いて挿し直すと、正常に描ける様になりますが、綿棒代用芯は挿し直しても駄目でした。
装着面を切り・削りし直しても、ハマらなかったものはどうやっても駄目ですねぇ。。

それでも、細軸綿棒は安価なものなので、コストパフォーマンスはかなり宜しいかナ、と。(^^)
(これ読んで試そうって方は、くれぐれも自己責任でお願いします。)

 ちなみに、細軸綿棒の価格は、無印良品のものが250円位。
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315570362
今回僕が使用してるのは、ダイソーのペビー用細軸綿棒100円です。
※→細軸綿棒あれこれhttp://www.smarter.co.jp/se-g3iDcoFbIJbIll8_.htm
a22222221.JPG
ニックネーム とも●み at 22:42| Comment(0) | なんとなく雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

フェレ☆1&2−後書(改)

dc-f2c.png
 先日発売された「『フェレフェレ☆ま〜ぶる』(1)(2)セット」の後書の書き直しを…。
 (「金」という文字をブログで書くと、金儲け関係のリンクがやたらと来てしまうので。。。)
-------------------------

p-fr01.jpg
 『フェレフェレ☆ま〜ぶる』は、フェレットのま〜ぶる君が主人公の絵本漫画。
漫画家まつはらともふみ描き下ろしで、08/03現在、PCダウンロード販売のみの、いわばインディー系漫画になります。
(「インディー」って言葉は、先輩漫画家「正木秀尚」さんが言ったものですけど。^^;)

 (※一応、単語説明----

◇絵本漫画…形は「絵本」、ノリは「漫画」なもの。造語。

◇描き下ろし…雑誌連載等の再掲載でなく、それ専用に描いたもの。

◇PCダウンロード販売…パソコン用ファイル(この場合は、本のファイル)をインターネット販売しているもの。
購入したファイルは、代金支払い後、ダウンロードできる。

◇インディー…大手出版社等のバックアップなしに、独自に活動しているもの)


 大雑把な説明は以上ですけど、「よく分からない。もっと詳しく教えて」って方は、お気軽にご質問下さい。
------------------------


 後書本題としましては・・・。

本編に登場する「ま〜ぶる」君は、天使フェレットです。
(※参照−「ふぇれっとの隠れ家」様)

『フェレフェレ☆ま〜ぶる』は、「ま〜ぶる」君という一つの命を描き記したもの。
それは、明るく、元気で、ほがらか、のんびり生きた、幸福な命で。
安っぽいお涙頂戴などではなくて、あくまでも、楽しく生きる幼児の姿を追ってるものです。

 根底にあるのは「哀」ですが、根本にあるのは「愛」。
「(愛」という言葉を軽々しく使うつもりはありませんが、それ以外に適当な言葉が見つからないもので。。)


 一方、描いてる時・描いた後も危惧している事が、一つあります。
フェレット(に限らず、他の動物にも言える事ですが)を見て、「可愛い〜」と食いつく人がいるのは構いません。
ただ、「可愛くなくなったから、もういらない」ってなるのだけは止めて欲しいな、と。
「命」なので。
「家族」なので。

それがちゃんと伝わる様なものでないと分かったら、あるいは、僕は筆を叩き折ってしまうかも…という思いはあったりするので。
2.jpg
 …まぁ、何にせよ。
「ま〜ぶる」君達が、少しでも多くの人達の、一つの大事な空間に入り込んで、遊んでくれたらいいな〜、と。
そんな風に思ってますデス。ハイ。
ニックネーム とも●み at 22:10| Comment(0) | 絵本漫画作品雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする