2007年10月29日

愚痴。。

 最近、僕が実家の夕飯を作ってるのですが、我が老両親の不平不満が多くて困ります。(;=_=)
細かい事は書きたくないので止めますが^^;。。
 何か、理屈の通らない姑の小言に悩む 嫁の苦労…っていうものが分かるような気分です。(-_-;)げほぉ〜。。。
41.JPG
 ぷっちぃ〜ん☆
と音がしたかどうかは知りませんが、いいかげんにせいっ<(`^´)>!と親を説教しちゃいました。
感謝しろとは言わぬが、相手を尊重しようとしない姿勢は、どうなんだ?!
例え相手が誰であろ〜と、まず敬意を持って接するのが本当じゃないのか?!
誰だって、それぞれに都合があって、感じ方・考え方ってももんがあって、体調具合だってそれぞれ違うんだし、その中で皆、何とかかんとか自分の出来る事をこなしてるんだ!
殿様よろしく自分勝手な事ばっかり言って、周りに余計な負担をかけるんじゃない!
 …なんてな事を、ば。(-_-)

 …ンま、言わなきゃいかん時には、今日みたいに言いますけども、その後は、ホント、ひたすら疲れます。(>_<)。。。
説教なんてさせないでくれよ…ってのが、こちらの内情なんですけどね。

 …あ〜。。
こりゃ、また、三日位、体調悪くなっちゃうんだろ〜なぁ。。。^^;

ニックネーム とも●み at 02:21| Comment(0) | なんとなく雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

彩色直し作業中。

 現在『ひよこでしゅ。』第4話の彩色直し作業中。(^^)
本編中盤辺りです。(;_:)
0011.jpg
 連作『ひよこでしゅ。』6話分中、最もページ数の多いこの4話を乗り切れれば、後がずいぶん楽になるはずで。( 一一)。。
…ンま、それでも、まだ後2話分丸まる残ってる訳なんですが。^^;
008.jpg
 何とか今年中に「でじたるコミック」化&販売にこぎつければ良いなぁ…。(+_+)

ニックネーム とも●み at 22:55| Comment(0) | 絵本漫画作品雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

しばらく食事係。

 母親が、3日前に足の親指を骨折しちゃいました。(>_<)
その二週間位前に、テーブルにぶつけて 同じ足の小指にヒビ入れてたのですが、それが治らない内に、またしても、ですよ。(+_+)
あんましオッチョコチョイにチョロチョロ動き回りなさんな(-"-)!と言ってたのですが、そんな忠告はいとも簡単に右から左に受け流す人なもので、ホント困ってしまいます。^^;
15.jpg
 外れそうな窓を直そうとしてたら、自分の足の上に落っことしてしまったんだとか。
粉砕骨折と靭帯ツブシと裂傷のトリプルパンチで、それなりに重症です。
 ま、
こうでもしないと、あなたは休まないでしょ?
分かったら、しばらく、ゆっくり休みなさい!
と神サマか誰かに言われてる…って所だと思いますが。モバQ
8.jpg
 しばらくは、実家の夕飯は僕が作る事になりそうです。^^;
東京にいた頃以来で、久しぶり〜ですね。( 一一)
ニックネーム とも●み at 22:44| Comment(0) | なんとなく雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

「描く=居合い抜き」話。

 前の日記を見た人から、「ナゼ描く事が居合い抜きとつながるのか分からない」という声がありましたので、その回答を、ついでにここでチョット載せておこうと思います。ヤギ

1.png
 「描く=居合い抜き」というのは、まず、「筆=刀」みたいなものだという考え方から来ています。(^^)
(この例え話は「居合い抜き」のウンチクそれ自体に直結するものでは無いんですよね。単純なヒラメキ連想的なモノなんです。^^;)

 たかが漫画であろうとも、作品を描くという事は、人様に見てもらうという事で。
そういうものは結果的に諸々の影響力を持ってしまうものだし、己の暗部をさらけ出してしまうという側面も有ります。
そういう様々な痛みを覚悟した上でふるうもの、が故に、使い方を誤れば、とてつもない凶器と化すのが「筆」というものなんだよね…って事ですね。(^^)

93.png
 で、ナゼ、居合いなのか、というと。
(僕は武道の事はまるで分かりませんけども^^;)
漫画の線一本は、いわば太刀筋みたいなものではなかろうか、と。
チャンチャンバラバラに振り回す刀(筆)もあるのだろうけども、刀を鞘に収めたまま集中力を研ぎ澄ませ、一太刀にかける刀というものもあるんだろうな、と。
その一太刀(一筆)を、七転八倒しながら探してるのが、自分達の姿なんじゃないのかナ〜…といった話です。(^^)
ニックネーム とも●み at 02:23| Comment(0) | 絵本漫画作品雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

斬れ、戻るっ?!

 絵本漫画の原稿製作をずっとやって来てる訳ですが、ここんトコ、何か、自分の中で手ごたえを感じてます。ヤギ
前々から「描く=居合い抜き」みたいなものだと思ってたのですが、その太刀筋に確信が出て来たといいますか。
0018.jpg

 何でしょうね。
単に技術とかじゃなくて、魂が定まって来たとでも言うんでしょうか。
描いたものを自分で見た時に、迷いを感じないんですよね。

 最近仲間内でハヤってる言葉で「右脳くん、左脳くん」というのがあります。
(右脳=感性・勘、左脳=理屈)小鳥
何でもかんでも理屈偏重なのは、不自然極まりないんじゃないの?…ってゆ〜気分があったりします。
なので、左脳くんにはお休みいただいて、右脳くんの言うことを信じてみよう…っていう努力をしてたというか。より楽に、健全になるようにしようとしてたといいますか。

 ま、僕などは、心理テストとかやってみると、元来、右脳しか使ってないタイプの人間みたいだし。(カンで生きてるカン人間って事でしょうけど^^;)
やっと、あるべき形になって来た…のではなかろ〜か、という気がしてます。小鳥
0038a.jpg

 ま、もっとも、描き手が「満足」だって言ってても、端から見てる人からすれば「とち狂ってる」「枯れちゃったよネ」みたいな事もよくありますからね。
実際の所、どうなのかは、冷静に客観的に見てく必要はあると思いますけれど。目

 でも、描いたもの見て「元気になります」との言葉を頂いたりして時は、人として壊れてはないんじゃないかナと思ったりもします。ヤギ
そういう意味では、ホントに今は、迷いがないんでしょうね。
それは、本当に何より、です。犬(笑)
ニックネーム とも●み at 17:04| Comment(0) | 絵本漫画作品雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする